トンボはなぜ「勝虫」と呼ばれるの?陶器製のプランター 

  • 2020年5月4日

 

陶器製のプランター

雑貨部の定番人気商品の一つです。

風合い豊かな染付とお手頃価格で人気です。 小¥500+税 大¥700+税

今日はこのトンボ柄についてインスタグラムでクイズを出してみました😊

クイズ トンボは武士から「勝虫(勝ち虫)」と呼ばれ、今でも縁起物の一つです。

何で勝ち虫なのかな???

答えは。。

【トンボは前にしか進めず退かないから】だそうです。

確かにトンボが後ろに進んでいるのは見たことがないですね!

また、トンボは害虫を取り除いてくれる貴重な益虫として、五穀豊穣の象徴ともされてきました。

今も、和柄の代表的な柄の一つですね。お着物の帯だったり、お財布だったり。

当店ではプランターのほかにも蕎麦猪口でもトンボ柄をご紹介していますよ。

ちょっとしたクイズでした😊

InstagramやFacebookからブログまで見に来て下さった方々もありがとうございましたヽ(^o^)丿

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です